にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ 左ポチッとm(__)mペコリン

2013年07月19日

月命日犬(笑)

今日7月19日・・・月命日です。
もう1ヶ月・・・

私達はお別れしてしまったけど・・・
時々プル〜トが傍に居るような気がします。

プル〜トが寝る時の音がしたり、物音がよくする様になりました。
見えないだけで、私の後をくっついて歩いてるのかな〜

ところが七七日の法要が終わって
パッタリ音が亡くなってしまったのです。顔(泣)
成仏してしまったのかな〜exclamation&question
まだ行っちゃうの早いでしょ顔(汗)

と思ったら・・・昨日戻ってきた様でした。るんるん
夜にカツカツと爪の音が・・・黒ハート
今日月命日で戻ってきたのかしらexclamation&question

気のせいかもしれない、私の妄想話はこの位にして・・・・



お家でのプル〜ト犬(笑)

画像 410.jpg


画像 111.jpg


画像 023.jpg



軽井沢にて

画像 556.jpg



お台場でバーベキュー

画像 551.jpg



高山で雪まみれ

画像 057.jpg


画像 052.jpg



伊豆で陶芸

画像 439.jpg


鳥羽でクルージング

画像 446.jpg


プル〜トとの思い出を載せてみました。



プル〜ト享年10歳4ヶ月


ゴールデンなプル〜トを読んでくださった皆様、
プル〜トとしゅみのお友達の皆様、
今まで有難うございましたわーい(嬉しい顔)揺れるハートわーい(嬉しい顔)
感謝の気持ちでいっぱいです黒ハート


またいつか・・・会える日を願って四葉



ニックネーム しゅみ at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七七日法要四葉

7月14日七七日の法要をしてきました。
実際の七七日は8月6日になりますが少し早めの法要です。四葉

たんぽぽ墓苑さんの東京分院で法要をして頂きました。
写真とお骨を抱えて、
今回はぴぃちゃんも一緒に行けたので車で向かいました。車(RV)

お願いしてあった写真入りの位牌が出来上がっていたので
お骨の魂を位牌に移すとの事でした。

ご住職がお経をあげてくださり、お焼香をし、お説教を話してくれました。
「まだ無くなって日が浅いので悲しいと思いますが、
わんちゃんは傍に居ます。
毎日お水と好きだったのもを少しで良いので供えてください。
目に見えて食べ物は減りませんが・・・食べています。」とのことでした。

お話を聞いている間、涙が止まらなくなりました。もうやだ〜(悲しい顔)

「これからは位牌に話しかけて、
名前を声に出して呼んで上げてください。」と言われました。



NCM_0064.JPG



この日の夕方・・・武蔵君とママに会いました。
プル〜トが亡くなった事を伝えるととてもビックリしていました。

武蔵君をナデナデすると、フサフサした毛の感覚が懐かしかった犬(笑)

そして1時間後位に武蔵君のママとお嬢さんがお線香をあげに
来て下さいました。
私はお風呂に入っていてお会いできませんでしたが・・・
お香典と武蔵君からのメッセージメール感動です。もうやだ〜(悲しい顔)

ありがとうございました。犬(笑)揺れるハートわーい(嬉しい顔)



ニックネーム しゅみ at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

夢の中でるんるん

数日間眠れない日が続いた・・・
目がさえてウトウトはするものの寝られないバッド(下向き矢印)

ある日朝方ウトウトしたら、プル〜トが夢に出てきたるんるん

そこから寝られるようになった。
夢の中でプル〜トに会えることに気付いたから・・・
必要以上に寝た眠い(睡眠)

毎回会えるわけではなかったふらふら


もう一つ辛いのは近所の人と会う事。あせあせ(飛び散る汗)
プル〜トの事を聞かれると泣いちゃうから・・・

ずっと目の奥に涙が溜まっていて、すぐ流れる様になっていた。もうやだ〜(悲しい顔)


母が毎日の様に来てくれて、ランチにも連れてってくれたので気が紛れた。レストラン



お友達からプル〜トにお花が届きました。かわいい

NCM_0062.JPG

可愛らしいお花を有難う揺れるハート
りおママさん、とっても嬉しかった。わーい(嬉しい顔)るんるん



ニックネーム しゅみ at 11:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お世話になりましたぴかぴか(新しい)

6月20日

今朝方プル〜トが夢に出てきたるんるん
夢の中では・・・
3人で川の字に寝ていて、私はプル〜トの背中に顔を埋めた。
モフモフして気持ちいい。
「プル〜トびっくりさせないでよ。死んじゃったと思ったよ。
本当に悪い冗談をして・・・でも良かった。」・・・

起きたら、悪い冗談は現実のものだった事に気付かされたもうやだ〜(悲しい顔)


昼頃、母に付き合ってもらい動物病院へのお支払いに行きました。
院長先生があの時・・・「お支払いは落着いてからで良いですよ。」との
言葉に甘えてしまいました。顔(汗)

お会計を済まし、菓子折りを渡して「お世話になりました。」と
お礼を言うと受付の方が院長先生を呼んでくださいました。
忙しそうでしたが少し待つと院長先生が来てくださり、
あの後死因を調べてくれていました。
レントゲンからも血液からも悪いところは見付からず、
心不全という見解でした。

最後まで本当に良くして頂き・・・
コジマ病院の院長先生、先生方、看護師さん、スタッフの皆様、
ありがとうございました。感謝しています。黒ハート
プル〜トも最期に沢山の人に囲まれて幸せだったと思います。犬(笑)


NCM_0037.JPG

亡くなる数日前のプル〜トです揺れるハート



ニックネーム しゅみ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

本当の別れexclamation&question

6月20日

朝から雨がシトシト雨

プル〜トのお葬式は“たんぽぽ墓苑”さんにお願いしました。四葉

ご住職立会いの個別火葬のプランです。

お迎えは13時〜13時30分


早朝母が簡単に食べれる朝ごはんを持ってきてくれました。
その時プル〜トに会いにきて、二人で撫で回し、抱きついた。
ぷぅの香りを嗅いだ。身体は何も匂わないけど、頭の方はぷぅの匂いがした。
ほっとする臭いだ。かわいい

母はプル〜トの毛が欲しいと言いにくそうに言ったので、切って渡した。
私も自分の分を切った。ほんの少しだけ・・・ごめんね。といいながら・・・

母は自分の家に帰ったけど、少しするとフルーツを持ってきて
すぐ帰ってしまった。
バナナ、アメリカンチェリー、巨峰をぷぅへと置いていった。

すぐお皿に入れて、ぷぅの枕元へ置いた。
ぷぅ沢山食べなエサ

最近太らせてしまったから、フルーツは控えめにしてた。
こんな事になるならお腹一杯食べさせてあげたかった。

時間が許される限りぷぅとマッタリした。
ぷぅの隣で横たわった。


そうだ・・・お金おろさなきゃ¥
コンビにまで5分位だけど・・・ぷぅを独りにする事は出来ない。
なので少し早目に母に来てもらい、一緒に居てもらいました。
急いでお金をおろし、家に戻った。

今日持っていくものの支度もした。
ぷぅの棺に入れられるかどうか分からないけど
入れたいものを色々集めた。エサブティック

昨日より大分硬直している。でも毛はフサフサだ。
ぷぅ息を吹き返すならまだ間に合うから・・・急いでー(長音記号2)


12時過ぎに父が来てくれた。
今日仕事だったけど休んでくれた。

そして・・・

13時過ぎにたんぽぽの担当者の方がお迎えに来て下さいました。車(RV)

ぷぅのとこへ案内すると、ぷぅを見るなり「綺麗なわんちゃんですね」
「毛並みが凄く綺麗だし、顔も綺麗ですね。」って・・・
お世辞でもメチャメチャ嬉しい。親バカ発揮です。顔(ペロッ)


棺を2階に入れようとしたけど、階段が狭くて入らない。ふらふら
結局また玄関マットに乗せて運ぶことになりました。
担当の方と運んだのですが、昨日より重くなっている様な気がする。
母とでは無理だったかも・・・下りるほうが難しいがく〜(落胆した顔)


1階でプル〜トを棺に移そうとしたけど、
持ち上げるのが大変だったので、玄関マットごと入れざるを得なかった。

棺は桐の棺にしていただきました。
白い布で覆われていて、素敵なお布団が付いていた。

もう一つはダンボール製らしいけど・・・
この重さに耐えられるのかなexclamation&question素朴な疑問

棺に身体は入ったけど・・・足が・・・入らないあせあせ(飛び散る汗)
撫で撫でして足を伸ばしてしまった様です。顔(なに〜)

担当の方が何とか折らずに上手い具合に納めてくださいました。ぴかぴか(新しい)

お布団を掛けて蓋が閉められた。
車に乗せて、私達も車に乗った。車(RV)

千葉本山へ向かった。

東京分院もあるのですが火葬場は千葉本山の方にしかないそうです。

1時間ちょっとで着きました。

担当の方が良い人でお話しやすく、私の話も良く聞いてくれたので
プル〜ト自慢を調子に乗ってしてしまいました。
気持ちが癒されました。


最初に千葉本山から少し離れた山奥の火葬場へ

少し車の中で待ってプル〜トが運ばれてった。
棺の蓋を開けてもらい顔を撫でた。
棺の中に物を入れても良いか確認したら大丈夫でした。

いつものご飯エサ、煮干、ササミ、ぬいぐるみのボールとガー子
洋服2着、家族の写真、メッセージカード

洋服はplutoとプリントされてるものと濡らして着る夏用の洋服ブティック

メッセージカードはたんぽぽ墓苑さんが用意してくれた
プル〜トがこれから使うお金が印刷されていて裏がメッセージを
書けるようになっていいるものです。

ぷぅへのメッセージは・・・
生まれ変わってもまたうちの子になって欲しい。
私が死んだら虹の橋で逢おう。
一緒に居てくれて、優しさをくれてありがとう。
また絶対に逢いたい。
と書きました。


棺の中は隙間が無い程パンパンになってしいました。あせあせ(飛び散る汗)

最後に護身刀を入れた。
魔物と戦える様にらしい。


全体の蓋をして、顔のとこの蓋を閉めて・・・いよいよお別れだ。もうやだ〜(悲しい顔)

ご住職がいらっしゃって供養が始まりました。

ご住職のお説教で「犬は無償の愛をくれて、見返りを求めません。
人もその心を見習いましょう。」との事でした。
大分端折ってしまいましたが・・・あせあせ(飛び散る汗)

そして皆で外に出て・・・「煙突から煙が出てきたら合掌してください。」
あぁぁ・・・いよいよ・・・本当のお別れだもうやだ〜(悲しい顔)


煙が出てきたもうやだ〜(悲しい顔)なんとも言えない気持ちだ。
ご住職の供養が始まり、合掌して拝んだ。

火葬に1時間30分位掛かるらしく、千葉本山へ移動した。
担当の方が芝生墓地へ案内してくれた。
とても良い所だ。沢山のわんちゃんが眠っていて寂しくないかも・・・
でも家から遠い、ちょこちょこ会いにこれないのは寂しいな。

そして・・・
事務所に移動し必要なものを揃えた。
ロウソク立て、お線香立て、お水入れ、わんこの絵が入ってて可愛い。
あとはリン、直径2cm位の綺麗な音色。

お会計も済ませた。


そうこうしているうちに火葬が終わったらしい。
火葬場に向かった。

お部屋に父が最初に入った。
入った途端「うわっexclamation×2」なんつー声をだしてんだがく〜(落胆した顔)

母は母で「毛が無くなったー」と泣きはじめた顔(汗)

お骨は綺麗に部分ごとに分けられていてた。
犬歯、爪、喉仏に至るまで綺麗な骨だ。
足の骨は見事なまでに立派だし、頭も綺麗に形を留めている。
丁寧に全部説明してくださいました。


骨壷事件が起きたどんっ(衝撃)


大きい骨壷が無いらしい。
大型犬のお葬式が続いて不足してしまったのです。顔(え〜ん)
プル〜トの少し前のお葬式もゴールデンちゃんだったそうです。

一回り小さい骨壷に二つに分けて入れると言う提案をされたが・・・
皆、沈黙してしまった。何て返事をして良いか分からなかった。
二つに分けるのは絶対嫌だった。

頭を入れてみたけど全然入らない。
砕く話も出たけど・・・そんなの絶対無理。
プル〜トが可哀想すぎるもうやだ〜(悲しい顔)

沈黙が続いた・・・たらーっ(汗)

担当の方が思いついたように本山の方に見本で飾ってあったのはどうでしょう?
と聞いてきたので、二つに分けるより全然良かった。

別のスタップの方が取りに行ってくれて、すぐ用意してくれました。
良かった。ホッとした。


無事骨壷に足から順番に入れて、最後に喉仏をいれた。
入らないかと思う位の量だったけど、ピッタリ入った。
頭も綺麗に入った。隙間が無いくらいにギュウギュウ。
余り隙間が無いほうが動かなくて良いそうです。

お骨と塔婆を包んでくれて、私が抱えました。
写真は母にお願いして、車に乗りました。

また1時間以上かけて、家まで送ってくださいました。


ご住職、たんぽぽ墓苑の担当者の方、スタッフの方々とても良くして頂き
ありがとうございました。
とても心残りの無いお葬式をして頂き感謝です。黒ハート


無事家に着き、両親はお線香をあげてくれて帰りました。

ぴぃちゃんはお仕事で帰れませんでした。

悲しいのと寂しいのとで何が何だか分からないけど・・・
寝られなかった。

ぷぅと一緒に逝きたいと思った。もうやだ〜(悲しい顔)



ニックネーム しゅみ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

一緒に居たいけど・・・顔(泣)

6月9日

病院を後に家へ向かいました。
プル〜トをカートに乗せて・・・
行く時より重たい、実際に重たくなったのか、悲しみが重みに感じるのか・・・
母が変わろうかと言ってくれたけど、どうしても自分で押したかった。
プル〜トの母さんとして、最後まで押してあげたかった。

家までは不思議と涙が出なかった。
すれ違う人々がカートの中をのぞき込む・・・
心の中で「お願い話しかけないで」と願った。
今話しかけられると、涙腺が壊れるから・・・もうやだ〜(悲しい顔)

無事に家に着いたが・・・
プル〜トをカートから出すのが大変でした。あせあせ(飛び散る汗)
母と力を合わせて一度玄関先に寝かせ、玄関マットまで何とか持ち上げた。
こんなに重たいなんて・・・抱き上げると頭がガックンと落ちる。

リビングが2階なので何とか連れて行きたいけど・・・
ぴぃちゃんか帰って来るまで玄関で寝かせようかと思ったのですが、
それは余りにも切ない顔(泣)

母が「玄関マットで持ち上げよう!」と言った。
「名案だ」何で思いつかなかったんだろうあせあせ(飛び散る汗)
思ったより苦労無くリビングに連れてこれた。

プル〜トの体重37kg

リビングのいつも寝ているところに寝かせた眠い(睡眠)
プル〜トもやっとゆっくり寝れるかな眠い(睡眠)
寝ているプル〜トを沢山ナデナデした。
まだ温かい、突然起きるような気がした。


これからどうしたら良いんだろぅバッド(下向き矢印)


老後は介護をするつもりで、歩けなくなった時に支えるのとか用意してたし。
最悪の時は車椅子を注文しようと思っていた。
なのに・・・
少しも看病させてくれないで逝っちゃうの?顔(泣)

こんなに突然だと心の準備が全然できない。
突然じゃなくても心の準備なんて出来ないけど。

さよならなんてしたくないもうやだ〜(悲しい顔)


プル〜トの母さんだからしっかりしなきゃ手(グー)

プル〜トを母に見てもらい買い物に行った。
スーパーで簡単に食べれるもの買った。
買い物をしていても涙が出てくる・・・堪えた。

とにかく何か食べとかないと・・・


仕事の帰りに父が来てくれた。
プル〜トを撫でてくれた。
プル〜トは父の事も大好きで、実家に行くと追い掛け回し、
泊まりに行くと父と一緒に寝るのが楽しそうでした。
今、とっても喜んでるはず犬(笑)

両親が帰って、一人になったら、涙が止まらないもうやだ〜(悲しい顔)
涙が尽きる位泣いた・・・

沢山の後悔が湧き上がった。
後悔したところで、プル〜トが戻ってくる訳でも無いのに・・・

目の奥から頭がズキズキしだした。
喉のリンパ腺が腫れて痛い。
倒れそう。

鎮痛剤を飲んでプル〜トを見ながら横になった。

なんて辛くて長い一日だろぅ

段々薬が効いてきたのか頭痛が良くなってきた。



いつもは22、23時頃に帰って来るぴぃちゃんが早くに帰ってきた。
すぐにぷぅをナデナデした。
ぷる〜とも会いたがってたろうな〜やっと安心したかな。
もう硬直が進んでた。
ぴぃちゃん感情を表に出さないけど、悲しいだろうな。


病院での経緯を話して、これからの話をした。

プル〜トをいつ火葬するかという事だ。
今日亡くなったばっかりなのに、こんな話は嫌だった。


私は暫くプル〜トをこのまま寝かせて置きたいと思った。
しかし、今日は涼しいけど、確実に暑さが来てる。
ドライアイスも無く保冷剤をお腹付近に置いて、
エアコンを低めに設定した。


長時間は無理だと思った。

離れたくない気持ちと、
痛んでしまったら可愛そうな気持ちが頭の中で戦っているどんっ(衝撃)


火葬、いつにしたら良いんだろexclamation&question
ぴぃちゃんに仕事休めるか聞くと、休めないと言われた。がく〜(落胆した顔)


とりあえず火葬場が押さえられるかも分からないので、
電話をしてみたら、明日の午後に決まった。

両親が一緒に行ってくれる事になり、心細さが少し解消された。


プル〜トと一緒に居られるのも、あと少しもうやだ〜(悲しい顔)

悲しいけど・・・ちゃんと見送らなくてはー(長音記号2)



ニックネーム しゅみ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

突然の別れもうやだ〜(悲しい顔)

6月19日

母と二人で病院に戻った病院
3階の受付に行ったら、4階に行く様に言われました。
4階は手術を行うとこの様でした。

エレベータが開くとプル〜トが目に入った。
診察台に寝ているプル〜ト。
点滴、血圧のベルト、酸素マスク、尿の管、心電図が止まってる。がく〜(落胆した顔)

プル〜トの手を握りました。涙が溢れてくるもうやだ〜(悲しい顔)
先生が「少し前に心停止しました。」心臓マッサージを懸命にやってくれていて、
私達が「ぷぅ」「ぷぅ」と読んでいると・・・
息を吹き返した。グッド(上向き矢印)
私の顔を見ている。目確認できた様だ・・・少し安心したみたいに見えた。

血圧は物凄く低い・・・少しすると血圧も心拍数も安定してきた。

もう大丈夫かも・・・と思った・・・思いたかった。

暫くの間ぷぅに「頑張って」と言いながら、手をさすっていたのですが
隣の部屋の待機室で待つ様に言われ・・・移動した。

助かって欲しい。祈った。

母は大泣きしだし「もう駄目なんだよ」って言い出した。

根拠は無いのにもう回復に向かうと確信した。
大丈夫だ四葉

こんな時におトイレに行きたくなり、行こうと思ったけど・・・場所が分からないあせあせ(飛び散る汗)
3階の待合室には無く、1階まで行った。

グチュグチュの顔を拭き、流れっぱなしの鼻も綺麗にした。たらーっ(汗)

急いで4階に戻ると・・・
母はぷぅの傍に居た。
うぅぅ・・・容態急変・・・心停止exclamation×2

先生が心臓マッサージをやってくれていた。

嘘だーーー良くなるはずだったのにもうやだ〜(悲しい顔)

手をさすりながらぷぅを呼び続けた。
息を吹き返した。黒ハート

ぷぅが首を上げて周りを見渡した。
ふと見ると、ぷぅを後ろから抱える様に酸素マスクをずっと持っていてくれる看護師さん。
心肺停止した時に心臓マッサージをしてくれる院長先生。
その他に何人もの先生と看護師さん。
ぷぅは人に囲まれていた。
その後ろにも人が何人も居てくれたのです。

見渡すとパタンと頭を診察台に置いた。
安心したのか、ぴぃちゃんを探したのかは分かりませんが・・・


突然お座りして手をバタバタさせて暴れだした。
治った?目
暴れるのが治まった瞬間・・・目を大きく見開いて目上を見た。何を見てるの?

何が起きたのか分からない。治った?

目を見開いたまま虚ろだ・・・目が白くなった?
そのまま倒れた。

院長先生が心臓マッサージをしてくれたが
心電図がピーーーーとなって、心拍数0、血圧どんどん下がっていった。

もう戻ってはくれなかった。もうやだ〜(悲しい顔)

院長先生から「12時10分ご臨終です。」と聞こえた。

ぷぅに「ありがとう」と伝えた。
母も何か伝えていたけど、もう耳に入らなかった。


待機室で待つ様に言われた。
結構経った気がする。


再びプル〜トを見ると・・・目を綺麗に閉じられて、色々な処置を丁寧に施されていました。犬(笑)

プル〜トを担架で1階まで下ろしてもらい、私達は階段で・・・
そしてカートに乗せて貰いました。


院長先生が説明してくれたけど・・・全然聞こえてないというか、頭にはいっていなく・・・スミマセンふらふら


これからどうして良いか分からず、霊園のパンフレットを頂きました。


病院を後にし、ふと振り返ると先生方がずっとお辞儀をしてくれていました。

さすがプル〜ト、最期を沢山の人に見守られ、敬意を払って頂き
凄い最期だったと思うよ。Good

自慢の息子だったわーい(嬉しい顔)


家路に急いだ家


ニックネーム しゅみ at 16:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

病院までの長い道のり

6月19日

少し涼しくて気持ちの良い朝だった晴れ
お散歩に出て、お友達の黒しばちゃんと戯れて楽しく過ごした犬(笑)犬(笑)

帰って来て、自分がご飯を食べて・・・
ぷぅにご飯をあげたら、一口、二口食べて伏せてしまった顔(汗)
ご飯を食べ無い事は滅多に無い事だあせあせ(飛び散る汗)

でも・・・
ここ数年初夏になると熱中症になりやすくて、病院に駆け込んでいたのですふらふら

どうやら歩くことは出来る様で、ベランダに出た。
お水を口元に持っていくと飲んだ。

部屋に入って、もう一度お水を飲んで横になった。

熱中症になっちゃったかなexclamation&question
急いで冷たいタオル被せ、保冷剤を足の付け根にあてた。


私がキッチンに行くと付いて来て横になる。
どこに行ってもピッタリくっ付いてくる。

リビングに戻って、寝かせて冷した。

寂しがっている様で、少しも離れられない。
頭を撫でていると目をつぶって、「ぷぅ」「ぷぅ」と呼んでも反応しなくなってきたがく〜(落胆した顔)

母に来てもらった。

母の顔を見ると尻尾をパタパタと振った犬(笑)
いつもだったら、とび付いて喜ぶのに・・・

「早く病院へ連れて行こう」と母に言われたけど・・・
頭が回らない、どうしよう、怖い。

また、反応が無くなってきたがく〜(落胆した顔)
しかも、舌と歯茎が白い。

病院まだやってないどんっ(衝撃)

始まると直に電話をして、病状を説明すると・・・「すぐ来て下さい」と言われた。

寂しがるぷぅの傍に付いていてもらい、カートの組み立てをした。
巨大カート・・・2回しか組み立てた事も無く手間どったあせあせ(飛び散る汗)

さぁ・・・どうやって1階まで運ぼう。
いつも具合悪い時は二人で抱えて降ろすので、いつもの様に・・・
と言っていたら、自分で降りてきた顔(汗)

この時は大丈夫かもと思った。るんるん

病院までは20分位、母と交代しながら押して行った。

病院で受付をすると直ぐに診察室のある3階へ行って下さいと言われた。

カートからぷぅを出すとエレベーターに乗り、待合室まで歩けた。

カート・・・大きすぎてエレベーターに入らないのです。あせあせ(飛び散る汗)

直ぐに看護師さんが来てくれて熱を測った38.5分・・・熱は無いらしい。
もう一度測った、同じだっだ。
熱中症だと暫くは熱が下がらないらしいです。

そうこうしていると先生が来てくれて、先生と私でぷぅを診察室の診察台に乗せた。

この先生はぷぅがピンチの時に何度も助けてくださった先生です。
喉に物を詰まらせた時
捻挫した時
斜頸になった時

斜頸の時はステロイドを打ってゲーゲーが止まらなくて大変でしたふらふら


手から血液を取られて、そのまま静脈注射をしてもらい、
少し状態が落着いたみたいだ。

根拠は無いけど・・・助かると思っていた、願っていた。四葉


半日位酸素の部屋に預かるので「自宅に戻って下さい」と言われた。
帰る前に承諾書にサインした。
読んでも、読んでも頭に入らない。

母が「承諾書って・・・もう駄目なんじゃない」と言ったので
私は「そんな事無い。帰りはカート要らないかも」と返した。

今ちゃんと承諾書を読むと、入院や手術の時にサインをするらしいです。
ぷぅは入院も手術もした事がないので・・・顔(汗)


私達はカートを置いといてもらい、病院を後にした。

病院から5m位のとこでぴぃちゃんに電話をし経過を説明し、
母は足がガクガクして立ってられず、傍に有ったベンチに座っていた。



ぴぃちゃんとの電話を切ると直ぐ電話がなった・・・病院からだたらーっ(汗)

何を言ってるか全然聞こえない。どんっ(衝撃)
気が動転しすぎて耳が聞こえない。
かろうじて「すぐ戻って下さい」だけ聞き取れた。

すぐ傍に居たので走って戻った。
母は足がガクガクしながら、一生懸命走っていたみたい。顔(汗)





ニックネーム しゅみ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

スイカを美味しく

6月18日

何も変化の無い普通の日でした。
朝のお散歩犬(足)ご飯を食べてエサ夜のお散歩犬(足)犬(笑)

夜のご飯エサも食べて・・・ゴロゴロ

遅くにぴぃちゃんが帰って来て、ぴぃちゃんとぷぅでスイカを仲良く食べました顔(笑)犬(笑)

夜になっても湿度が高く、寝れない様だったのでベランダで寝かせました眠い(睡眠)
この時期は外の方が心地良いみたいです犬(笑)


今思うと・・・この平凡な日が大切な一日でしたもうやだ〜(悲しい顔)





ニックネーム しゅみ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご無沙汰でございますm--mペコリ

久々のupですあせあせ(飛び散る汗)
何をどう書いて良いのか・・・

私の相棒のプル〜トが亡くなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

6月19日のことです。
2週間が過ぎ・・・やっと・・・何とかup出来そうです顔(汗)

今のプル〜トへの気持ちを残そうと思いました。犬(笑)わーい(嬉しい顔)
ニックネーム しゅみ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする